あなたの「声」が、線となり「建築」になる

あなたの「声」が、線となり「建築」になる

あなたの「声」が、線となり「建築」になる

あなたの「声」が、線となり「建築」になる

あなたの「声」が、線となり「建築」になる

あなたの「声」が、線となり「建築」になる

あなたの「声」が、線となり「建築」になる

あなたの「声」が、線となり「建築」になる

あなたの「声」が、線となり「建築」になる

あなたの「声」が、線となり「建築」になる

previous arrow
next arrow
Slider

Blog

News

<設計、モノつくりへの取り組み、約束>

経歴

独立をする前は、事務所ビルやホテル、ショッピングモールなど、大きなプロジェクトの設計の担当をしてきました。

資本や、情勢等により、大きく左右する建物であり、実際にお施主さんのためというよりは、ビジネススタンスで業務が進んでいくプロセスに疑問を感じていました。

誰のための設計なのか? 

そのトレンドで、目立つ建物、スクラップアンドビルドの建物を設計してよいのか?

自分は、もっと小さな建物に視点を向けて、直接見えるお施主さんと、一緒になってプロセスを築き上げた方が、性格上向いているのではないかと思い、

「みんなで横一線で、プロセスを築いていける、つくりあげる建築をつくりたい!」と思い、ひとつひとつを丁寧に創作できるように、アトリエ事務所と称した、設計事務所を開設しました。

現在

2018年4月で創立17年目に入り、住宅のプロジェクトは80棟を超えました。

また、店舗付住宅や商業施設、保育園など、さまざまな建築のプロジェクトに参加する機会が増えてきました。
また、協力していただける業者さんも増え、信頼できる仲間と共に

“大いに議論し、楽しく、モノづくりを進めています。”

姿勢

お施主さんには自身の想いやイメ-ジを存分にぶつけて欲しいと思います。

それに対してどう応えるか?想いが強ければ強いほど面白いです。

緊張感のせめぎあいの中で設計を練り上げていくプロセスがたまりません。

「みんなで横一線で、プロセスを築いていける、つくりあげる建築をつくりたい!」と思い、ひとつひとつを丁寧に創作できるように、アトリエ事務所と称した、設計事務所を開設しました。

一体感

信頼のできる職人さん、工事関係業者さんも多く、ご指名で工事をお願いすることも多いです。

職人さんの技に敬意を払いつつ、 村瀬の考えることを理解し、 お施主さんが、
不安を感じることなく、安心して現場を観ていただける工事体制を取っていきます。

また、携わる方々が、頻繁に現場で話をし、同じベクトルで、熱い思いで、モノつくりを進める
ことができるプロセスを築いていきます。

信頼

この姿勢はブレることなく、村瀬のスタイルとして、まっとうしていきます。

そのため、信頼関係をしっかりと築き、「お施主さん、工事協力業者、村瀬」が三位一体となって、
想いのある建築つくりに励んで行きます。

お施主さん!想いのある、自分スタイルの空間を一緒に創(造)っていきましょう!

1つは、百棟の住宅を建ててきたお施主さんの、百一棟目を任せられること。

「住まい」の根源を問う究極の家つくりをすることです。

2つ目は、視野を広く持ち視点を狭めて、いろんな場所で、モノつくりを進めていくこと。

様々な「住まい」のスタイルを、理解しながら、新たな発見をしたいです。

設計で考えていること

開放性、可変性のある空間をつくる

それぞれの空間を、敷地環境を踏まえてうまく組み合わせることで、
風や光の通りの良い、居心地の良い空間を考えています。

建具などの仕切りをうまく調節することで、を変えたり、柱や壁を新たに加えたり、
取り去ることで将来を見据えた空間をつくります

単一空間をつくらない

大きな一室空間では味わえない、
それぞれの部屋の居心地の良さを感じることができるように、
開放性はあっても、床にスキップ段差を設けたり、
天井の高さを変えたり、
その場所でしか感じることができない空間をつくります

外部、自然と繋がる空間をつくる

断熱性が良くなり外部と内部との遮断が強くなっていますが、
自然や環境と積極的に対話ができ、
外部からのセキュリティやプライバシーに優れている、
中庭や坪庭、コートハウスを積極的に取り入れた空間をつくります

昼と夜、時間によって
雰囲気が変わる空間をつくる

昼の自然光が燦々と入る、外のような空間、
夜は、間接照明やペンダントライトから醸し出される、
昼間とはまったく違った空間で、
それぞれの時間によって演出された空間をつくります

愛着のあるモノを取り混ぜた
一体感のある空間をつくる

愛車を四六時中眺めながら、
愛着のあるソファーに座って、
代々受け継がれた柱や梁を継承しながら、
そんな要望に対して、

それぞれのモノを尊重したドラマチックな空間をつくります

断熱性、耐震性を踏まえた
耐久性のある建築をつくる

外断熱や発砲ウレタン仕様など、
断熱性能に優れた施工方法を考慮し、
建材メーカーや構造設計事務所と密に連携することで、
開放性のある空間でありながら、
省エネ基準や耐震性能を考慮した空間をつくります

街に寄与する、
愛される建築をつくる

個の建築によって、
周辺環境が良い方向へと変わっていく、

街をリードしていく
新しい「場」が生まれる空間をつくります

7つの約束

お施主さんに満足していただけるために

1 . 尊重

お客様の意見を尊重します。

しっかりとお客様の意見を聞き、経験豊富な知識を駆使して、ご要望に沿った適格な設計、アドバイスを行ないます。

2 . 対応

全てのプロセスにおいて、私(村瀬)が対応致します。

一般の事務所では、トップダウン式でスタッフ(担当者)への引継ぎ(丸投げ)を行ないますが、弊社では、一切、行ないません。

3 . 提供

情報のスピード提供を致します。

素早く対応、情報を直ぐにお伝え致します。

4 . 目線

お客様目線で、分かり易く、打ち合わせを行ないます。

図面で、分かり難い部分を、模型やパース、OBのお施主さん宅で、体感して頂きます。

家具やカーテン、小物に至るまでトータル的に、住まいに関わる内容は、何でも、相談して下さい。

5 . 整理

しっかりとした現場監理を行ないます。

弊社独自のフォーマットをもとに、現場との連携を充実し、週一回ごとに、現場進捗状況を報告します。

6 . 依頼

信頼できる、建築業者に、工事を依頼します。

一緒に家つくりを楽しむ、お施主さん目線の業者に工事を依頼しています。

7 . 信頼

ご縁を大切にします。

竣工した後も、ご親戚、友達のように、信頼関係が、一生続くように、真面目に真摯に楽しく、取り組みます。

WORKS

House
Renovation
Soranoie
Shop
Office
Other

PROFILE

経歴
1969年 岐阜県生まれ
1992年 金沢工業大学工学部建築学科卒業
1994年 同 大学院博士課程(前期)建築学修了
1994年 ゼネコン設計部にて、事務所ビル、マンション、ホテル等の設計
1996年 設計事務所(日本・米国)にて、公共施設、ショッピングモール等の設計
2001年 村瀬充アトリエ開設
2011年 ㈱村瀬充アトリエに組織変更
2018年 累積、80棟以上の住宅プロジェクトに参加 
2008年 「ソラノイエ」(住宅のプロダクト化)プロジェクトを展開

資格
一級建築士
CASBEE建築評価員(戸建・建築)
応急危険度判定士

性格
温厚、まじめ、責任感が強い

血液型
A型

趣味
建築旅行(海外訪問国は20を超えました)、歩くこと(まち、山)、読書

好きな食べ物
インドカレー(特に南インド料理)、魚、玄米、自家製パン

好きな場所
アジアの市場、路地、神社、山頂

好きな言葉
STRONG,信念

愛車
ボルボV50

愛用品
PORTERのカバン、アリンコチェアー、タグホイヤーの腕時計